エッジコネックス-ホワイト Sketchで作成しました。 クローズメニュー
ジョージア州アトランタのEdgeConneXデータセンター

アジリティの提供受注生産のデータセンター

2019年10月2日

データセンター・フロンティアより

EdgeConneX Build to Order データセンター

適切な場所、適切なタイミング、適切なサイズ:エッジソリューションが形になる

「本質的に、Build-to-Orderデータセンター・ソリューションの目的は、顧客と協力してエッジを設計し、提供することである。エッジは、ビジネスの成長に応じて必要とされるあらゆる都市、地域、国、大陸において、迅速に、目的に応じた形で、妥協することなく構築される。

この「業界の声」では、EdgeConnexのCMOであるフィリップ・マランジェラが、コンピューティング・インフラに対する画一的なアプローチの課題と、ハイパーローカルからハイパースケールまで、そしてその中間に位置するものまで、対応可能な受注生産型のデータセンター・ソリューションがもたらすビジネスチャンスについて語ります:

俊敏性と柔軟性 - 世界中のエグゼクティブは、特にデジタルトランスフォーメーション・イニシアチブに関連して、これらの資質をビジネスにもたらすために多大な努力を払っている。しかし、企業が機敏に動けるのは、コンピューティング・インフラが許す範囲に限られます。そのため、エッジ・コンピューティングによってインターネットの境界をシフトする企業には、素早く形になり、どこにでも移動できるソリューションが必要です。

このような企業がしばしば直面する課題、それは、データセンター・プロバイダーのすでに確立された製品・サービス・ポートフォリオの中から選択することである。適切な電力、スペース、冷却、接続オプションを備えた既存のロケーションを見つけることは、困難なプロセスであり、結局はつかみどころがありません。これでは、独自の運用に合わせて完全にカスタマイズされた、機敏で柔軟なソリューションの必要性に反する。

EdgeConneXのBuild-to-Order Edgeソリューションは、迅速なデータセンター展開機能を提供し、企業が成長し、社内の変化や外部の市場動向に迅速に対応できるよう支援します。

記事全文はこちら