エッジコネックス-ホワイト Sketchで作成しました。 クローズメニュー

ボゴタコロンビアの中心、そして大きなチャンス 

2023年6月26日

ボゴタコロンビアの中心、そして大きなチャンス

資源に恵まれたコロンビアは、鉱業と農業中心の経済から、近年は多様化したサービス業と製造業を基盤とする市場主導型の成長へと移行した。多くの国際的なオブザーバーは、コロンビアが現在5,000万人近い人口を誇り、そのおよそ4分の1がボゴタ周辺に住んでいることを知ったら驚くだろう。

ボゴタはコロンビアの首都であり、ビジネスの中心地であるにもかかわらず、現在までのところ、コロケーション設備は40メガワット未満である。 ボゴタがデータセンターのハブとして過小評価されていることを示唆している。ゾナ・フランカ・ボゴタ(主要自由貿易地域)は2021年に、電子商取引とハイテクに特化した投資を促進するという具体的な目標を掲げた法令改正を受けたため、この状況は急速に変化する可能性が高い。データセンターであろうとそれ以外であろうと、事業所立地を検討している企業にとっては、税率が低く、輸出入が迅速に行えるというメリットがある。 

コネクティビティの力

ボゴタは内陸部に位置し、カルタヘナやバランキージャの最も重要な海底ケーブル陸揚げ局から約1000キロ離れている。これらの各都市には、今後3年以内に新しいケーブルが敷設される予定で、カリブ海全域にさらなる容量が提供されることになる。このため、バックホール・ファイバーは引き続き重要であり、以前はこの地域は家庭へのファイバー敷設が遅れていたが、地元の通信会社は2023年末までにファイバーの普及率が80%に達することを計画している。コロンビア国民の70%しか、(モバイル、固定接続を問わず)定期的にインターネットにアクセスしていないことから、全国でさらに1,500万人がアプリケーションやサービスの未開拓市場であると考えられる。

さまざまな成長企業と、ますます洗練されたオンライン・ユーザー基盤の恩恵を受けているコロンビアとその最大都市ボゴタは、南米における成長ストーリーに加わる絶好の機会です。自由貿易地域と拡張可能な利点が相まって、データセンターの立地先として拡大が期待されており、市場全体が引き続き関心を寄せている。

首都圏 人口 稼働中のMW ピープル/MW
ブエノスアイレス 15,624,000 24 651,000
リオデジャネイロ 12,781,000 28 456,464
ボゴタ 12,800,000 33 387,879
サンパウロ 22,000,000 144 152,778
サンティアゴ 6,903,000 127 54,354
東京 40,700,000 1005 40,498
アムステルダム 8,116,000 502 16,167
ロンドン 14,800,000 1028 14,397
シンガポール 5,637,000 624 9,034
バージニア州北部 6,385,000 2224 2,871

メガワットあたりの人口は、データセンター市場の成熟度を反映することが多く、多くの先進都市では容量1メガワットあたりの人口が2万人を下回っている。南米ではボゴタをはじめ、この20倍を超える都市がいくつもあり、まだまだ成長が見込める市場であることがうかがえる!

EdgeConneXは間もなくボゴタに到着し、現在建設中です。このエキサイティングな開発に関するご質問は、下記までお問い合わせください: capacity@edgeconnex.com.